キャバ嬢が時給以外でもらっている手当

2014年10月27日 by product | Filed under キャバ嬢の裏側.

バジルご存知の方も多いかと思いますが、キャバ嬢は時給以外にも色々な手当を貰っています。もちろん指名を貰うことが出来なければ出ない手当なのですが、指名が沢山とれるようになると手当だけでも相当な額を貰うことが出来ます。その一部を今回はご紹介させていただきますね。ちなみに、お店によっても手当の種類が多少変わる可能性があるので、あくまで私が働いていたお店の例でお話させて頂きます。

指名バック

指名を貰うと自動的につくバック(手当)のことです。私のお店では指名バックは1000円でした。ちなみに場内指名バックは500円でしたので、本指名を貰うより少し額は下がります。たとえば一日6人の指名客が来店してくれたとすると、バックだけで6000円貰えるという計算になります。ひとりでも多くのお客さんが指名で入ってきてくれると、お小遣い稼ぎになりますよね。

ドリンクバック

私のお店ではドリンク価格の10%がバックとしてキャバ嬢に還元されるシステムでした。例えば、1000円のグラスビールですとバックは100円になります。正直指名バックに比べると少ないですが、シャンパンなどの効果なお酒を頼むことが出来れば高額バックにつながります。ちなみに、ドリンクバックについてはフリーの席で頼んだものはバックとして還元されません。本指名か場内指名のみです。なので、フリーの席でキャバ嬢にドリンクを飲ませたところで、キャバ嬢にとって何もプラスにはなっていないのです。なので、どうせ飲ませてあげるならば場内指名を入れてからドリンクを頼ませてあげましょう。

延長バック

大体のお店は1セット1時間前後ですが、延長したい場合は延長料金を払って時間を延長することが出来ます。ここまでは男性のみなさんもご存じですよね。実は延長してあげることで、キャバ嬢にバックまで入っているのです。私のお店は1000円程度でした。なのでお店に2時間居た場合は指名バック1000円+延長バック1000円の合計2000円が時給とは別に支払われることになります。もちろん、そこでドリンクなどを頼んだらそのバックも加算されることになります。これだけメリットがあるのだから、キャバ嬢も本指名のお客さんに対しては気合の入った接客になるのです。

同伴バック

アフターはバックになりませんが、同伴はバックになります。私のお店は同伴バックは3000円でした。これで「同伴はノリノリだけど、アフターは嫌がる」というキャバ嬢の心理の真相がわかりましたね。

それぞれの手当の額もお店によってまちまちです。お店に入店する際は、ぜひチェックしてみてくださいね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です