キャバ嬢同士のトラブルを避ける為に気を付けた方が良いこと

2014年10月19日 by product | Filed under キャバ嬢の為の豆知識.

マンゴーケーキキャバクラは女社会なので、キャバ嬢同士のトラブルが起きることも多いです。トラブルが起きてしまうと、最悪の場合、そのキャバ嬢がお店をやめてしまうというところまで発展してしまう可能性があります。お店の大切な稼ぎ頭が居なくなってしまってはお店にとっても痛手ですし、女の子にとっても雰囲気の悪い店は居心地がよくありません。良い店を作る為にはトラブルの少ない店を作ることが大原則です。良い店を作る為には、キャバ嬢同士の気遣いも必要なのです。

他の人の指名客には手を出さない

これは大原則中の大原則なのですが、他のキャバ嬢を指名しているお客さんに手をだすのは絶対にNGです。キャバクラで自分を指名していたお客さんが急に他の子に指名を変えて入店してきたら元々指名だった女の子はビックリしますよね。これが気の強いキャバ嬢のお客さんだったとしたら、お客さんが帰った後に詰められたりする可能性もあります。最悪、その女の子は孤立し店を辞める事態になることもあるので、他の子のお客さんには十分気を付けて対応しましょう。

ヘルプについた席では連絡先を渡さない

人気キャバ嬢は指名の席が被ることもしばしばありますよね。指名のキャバ嬢がほかの卓へ行っている間、席について接客するのがヘルプの役目です。お客さんによってはヘルプキャバ嬢のことを気に入って、連絡先を聞いてくることもあります。でも、そこで連絡先を渡しては絶対にいけません。これが指名キャバ嬢に知られてしまったときに絶対にトラブルになるからです。それでも、しつこいお客さんっていますよね。そんな時は「ヘルプはアドレス交換禁止されているので、交換してしまったら罰則なんです」とか言っておきましょう。お客さんがしつこかったとしても、連絡先を交換してしまったらトラブルの元となってしまいます。

女の子の悪口をお客さんに言わない

あまり居ませんが、ギスギスしたお店ではたまに居ます。他のキャバ嬢のことを悪くいうキャバ嬢が。もし、お客さんが「○○ちゃんって感じ悪いよね」とか「○○ちゃってブサイクだよね」とか言っていても絶対に乗って話をしないようにしましょう。そこは言われているキャバ嬢をフォローしてあげるべきです。もしノリノリになって悪口を言ってしまった場合、お客さんを通してそのキャバ嬢に悪口を言ったことがばれる可能性があります。お客さんは簡単に信用してはいけませんよ。

店内のスタッフ(ボーイや店長)とは付き合わない

店内スタッフと付き合うことを風紀といいますが、風紀をするとつけ回しや時給などで、えこひいきが発生する可能性が大きくなります。なので風紀は禁止されているのです。えこひいきが発覚するとトラブルの元になりますので、風紀はやめましょうね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です