キャバクラ嬢の色々な営業スタイル

2014年10月16日 by product | Filed under キャバ嬢の裏側.

ハミルトン皆さんはキャバクラ嬢の主な営業方法をご存じですか。今回は業界では有名な営業方法をご紹介します。あなたのお気に入りキャバクラ嬢は、どんな方法であなたをお店に誘導してきますか。この記事を見ればキャバクラ嬢が営業か本気かを見分けることが出来るようになるかもしれません。

色恋営業

何度かブログでもご紹介しましたが、お客さんに好意をもっているかの様に見せかけてお店に来てもらう営業方法です。実際、この営業方法を実施しているキャバ嬢はとても多いです。ナンバークラスのキャバ嬢になると下記で紹介する営業方法が増えてくる傾向にあるのですが、中堅キャバ嬢は圧倒的に色恋営業が多いです。色恋営業は割とお金を使ってくれるお客さんも多いですが、お店に来なくなるのも早いです。しかも、ストーカーになったりする可能性もあるのリスクもつきものです。色恋営業でお客さんを得ているキャバ嬢は売り上げが毎月安定しないことが多いですね。それが色恋営業の難点でもあります。なので、ナンバークラスのキャバ嬢は安定した売り上げを作るために極力、色恋営業は行わないのです。

友達営業

こちらはナンバークラスのキャバ嬢がよく使っています。この営業方法はお客さんが長い間お店に通ってくれるのが最大の利点です。この友達営業と正反対の営業方法は色恋営業ですが、色恋営業はお客さんが短期間に沢山来店してくれることが見込めますが、すぐに見切りをつけて離れていってしまう難点があります。なのでキャバ嬢も常にいろんな人に営業をかけたりしなければなりません。この友達営業が成功すると安定して売り上げを作ることが出来るのです。これはキャバ嬢としてとても美味しい話ですよね。

オラオラ営業

一昔まえに流行った「オラオラ系」。M系の男に効果的です。最近は草食系男子も多いので、この手の営業方法も使える人が増えています。お偉いさんなどは誤ってこの営業方法をしてしまうと、気分を損ねさせてしまう可能性が高いので注意しましょう。この営業方法は性格や顔がキャバ嬢がよく使う営業です。自分のタイプを見極めてから営業スタイルを決めましょう。もちろん、お客さんによって営業スタイルを変えていくのも、出来るキャバ嬢は皆実践しているテクニックです。

病み営業

これも意外と多いです。「悩みを聞いて」営業です。キャバ嬢は常に何かに悩んでいて病んでいます。ちょっと暗めの自分を演じる必要があるので、根っから明るいキャバ嬢は厳しいかもしれませんね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です